Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

AdobeのアプリにはextensionというJavascriptで拡張できるプラグインが有償・無償で配布されています。DreamweaverやFlashなどが多いですがFireworksにもあります。
中でもFilletが便利すぎます。AdobeのアプリにはextensionというJavascriptで拡張できるプラグインが有償・無償で配布されています。DreamweaverやFlashなどが多いですがFireworksにもあります。
中でも日々の作業に便利な物を気まぐれに紹介します。

まずはFilletというコマンドです。
これは面取りをしてくれるコマンドです。単なる矩形などでは角丸長方形がありますし。
CS4はパスにポイントのフィレット処理が加わり面取りができます。
このFilletのいいところは単独のポイントだけを選択して面取りすることができます。
FWZONEのExtensionのリストからダウンロードしてください。FWZONEでダウンロードするには無料ですがメンバー登録する必要があります。

FWZONE >>

Fillet.jsf をダウンロードしたら
Fireworksのアプリケーションフォルダ > Configuration > Commandsフォルダにコピーします。
整理するために任意のフォルダを作成して入れてもかまいません。
インストールしたらFireworksを再起動します。

1)参考図形

2)特定のポイントのみを選択して コマンドメニュー > Filletを実行

3)面取りの半径を入力するダイアログが表示されるので希望のピクセル数を入れる。

4)特定のポイントだけが面取りされる。